わがまま気のまま海外観察JOURNAL(ハノイ編)

ベトナム・ハノイ在住Halca@Earthのブログ

ベトナムのローカル歯科の実情が想像していたよりもやばかった。

calendar

昨日は、「第18回ハノイMEDxTALKライフプロジェクト」に参加してきました。

今回のテーマは、ハノイ三国歯科 幾島先生による「ローカル歯科ってどうよ!」

18回目のメドトークは三国歯科の幾島先生におこし頂きベトナムローカル歯科についてお話頂きます。日本人のローカル歯科受診が増えている背景、日本とベトナムの歯科における相違点、ローカル歯科に潜むリスクなどをお話頂きます。
引用:https://www.facebook.com/events/475004369791988/

もともとローカル歯科が使った器具を天日干ししてた。なんて話を聞くくらい衛生管理がなっていない印象があったので、私は絶対に行かないのですが、結構ハノイの知り合いは「治療は怖いけど、クリーニングくらいなら全然平気だし、安いし、普通に良いよ♪」とか言っていて、「大丈夫か???」と思っていたのですが、幾島先生のお話を聞いたら「行かない」という決断が間違っていなかったと確信が持てました。

細かいことは省きますが、うわっと思ったのは、「衛生管理の仕方が分かっていないから、きちんと滅菌されていない器具を使う。」看護師が面倒臭がって、滅菌の機械に入れずにアルコールシートで拭いて終わり。などなど。

あと、ベトナム人看護師に日本製の細い麻酔針を提案しても「打ちにくいから」という理由で太めの針を使い、「それだと患者さん痛いよ。」と言っても「患者さんは痛くないと思います。」と返されたという話は、ものすごくベトナム人っぽいなと思いました。

相手の痛みよりも、自分のやりやすさを優先、、、

あと、海外に住んでいると治療が遅くて抜歯されちゃった日本人に多く会うのですが(特にオーストラリアやアメリカなど物価が高い国にいた人)ベトナムでも難しい治療はベトナム人歯科医に腕がなく、直ぐ抜歯という判断をされてしまうと聞いて、「そういう理由もあったのかも、、、」と思いました。

というわけで、今後も極力一時帰国中に歯医者さんで検診、どうしても緊急事態のときはそれなりにお金がかかっても日系歯医者を利用したいと思います。

ベトナムのローカル歯科がどれだけ治療費が安くても後々感染症とかになったら最悪ですよ。みなさんもご注意くださいませ。

この記事をシェアする

関連記事

folder JAPAN

more...

folder ♡ハロプロ♡

more...

folder お知らせ☆

more...

folder オーストラリアの日記

more...

folder サイト構築記事

more...

folder ブログ

more...

folder ベトナムの日記

more...

folder 学生時代の日記

more...

folder 映像業界時代の日記

more...

folder 映画/映画祭/ドラマ

more...