わがまま気のまま海外観察JOURNAL(ハノイ編)

ベトナム・ハノイ在住Halca@Earthのブログ

ベトナム人の日本語力

calendar

最近、相変わらず趣味(?)の一環で、

 

パソコンを使った簡単なデザインのお手伝いをしています。

 

私は、学生時代にパソコンを使用したデザインの勉強をちょこっとしてまして、

 

今の仕事(本職)でもなんだかんだで、画像をいじる事があるのですが、

 

その道のプロでは全くないので、基本的には超安値か現物支給

 

(ご飯をおごってもらうなど)で対応しています。ニコニコ

 

 

それで、お手伝いする相手が大体パソコンが超苦手!という方なので、

 

データを管理しているベトナム人スタッフと直接やり取りする事もあります。

 

それで、最近思うのがベトナム人の日本語力!

 

 

私の会社の公用語は、英語なので同僚たちとは全て英語で話します。

 

更に、海外留学経験者も多いので、英語のボキャブラリーも豊富です。

 

ベトナムに来た当初は、ベトナム訛りの英語に戸惑いもしましたが、

 

今では、ベトナム人英語理解力検定があったら上位に入れるほどの実力です(笑)

 

少し前にオーストラリア時代のシェアオーナー(オーストラリア在住○十年の日本人)が

 

ハノイに遊びに来たのですが、私より遥かに高い英語力のオーナーが

 

ベトナムでは、「全く理解できない!本当に英語喋ってる??」

 

聞くほどのベトナム英語が私にはスルスル聞き取れたので、

 

多分ヒアリングスキルが磨かれたんだと思います(笑)

 

 

話がそれましたが、普段そんな状態なので、

 

ベトナム人と日本語を話す機会がほとんどないんです。

 

(過去には日本語を話せるベトナム人もいたのですが、

 

その子達は超エリートの子達で、会話に不便は無かったですが、

 

上昇志向が強いので、サッサといなくなってしまいました。)

 

 

そんなベトナム人との日本語会話経験が少ない私なので、

 

周りでベトナム人と日本語で仕事している人達からの

 

「言っている事が通じない!」という不満も私からすれば、

 

「えー日本語で話せるだけ良いジャーン!」と思っていたんです。

 

 

それが、今回仕事に関わる会話をしてみて、初めて

 

「あっ・・・想像以上に言葉が通じないんだ滝汗どうしよう」ってなりました。

 

 

普段の私は、私の方が英語の語群が少ないので、

 

同僚に伝えたいことが伝わらない場合は、英語の単語を変えて話せば

 

「言葉」は理解してくれるんです。(指示に従うかは別としてあせる

 

 

それが、そもそもの語群が少ない日本語スキルの子に説明するの

 

超難しいです滝汗あせる

 

試しに伝えたい内容を英語で送ってみたのですが、

 

全く理解してもらえない。。。

 

 

周りの人が言っていた「日本語の指示が上手く伝わらないってこれか~!」

 

実感しました。

 

私の会社で出会ったような上昇志向ガンガンのエリート日本語能力保持者と

 

日本が好きで、日本人と仕事がしたくて学は無いけど頑張って

 

日本語覚えて働いているベトナム人の日本語スキルに差があって当然ですよね。

 

 

ワーホリ時代も、ワーホリっ子とガチの留学生じゃ英語力が全然違ったのを思い出しました。

 

長くハノイで働いている日本人がベトナム語を覚えて

 

日本語話すベトナム人にベトナム語で指示する理由がやっとわかりました。

 

 

それと同時になんだかんだで、

 

英語だけで会話が成り立つ環境にいるのは案外恵まれているのかなとも思います。

 

ただ、同僚たちは日本に興味があって働いている子達じゃないので、

 

風当たりは厳しいです。

 

日本人だからという理由だけでチヤホヤはしてもらえませんぐすん

 

 

そういう点では、たとえ日本語力がイマイチでも日本が大好きで、

 

一生懸命日本語で話そう!としてくれる日系のお店のスタッフさん達の方が

 

癒しだったりします照れ音譜

 

 

まー何事にも良いところもあれば、悪いところもありますよね。

 

いつもの自分とは違う環境になって初めて気付くことがありました。

 

【補足】

なんか、海外経験者とかエリートとか書くと私が勤める会社が、

 

立派に見えますが、社長が見栄っ張りなだけの普通の会社ですえー

 

(なので、エリートが入っても直ぐに辞めていってしまうwww)

投稿者プロフィール

Halca@Earth
宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。
通信制の大学で映像を学び、東京で4年間映像業界で働いていました。
2011年6月13日。
29歳にして夢だったオーストラリアにワーキングホリデーで行きました。
2013年6月13日。
ワーホリを終え、海外生活の楽しさを覚えた私は、今度はベトナム・ハノイで就職先を決め、現在も住んでいます。
2016年4月19日。
ベトナム・ハノイの情報サイト
ベトナム・ハノイ時々アジア情報マガジン|VIETHICH(ベティック) を開設しました。

この記事をシェアする

関連記事

folder JAPAN

more...

folder お知らせ☆

more...

folder オーストラリアの日記

more...

folder サイト構築記事

more...

folder ハノイDEハロプロ

more...

folder ブログ

more...

folder ベトナムの日記

more...

folder 学生時代の日記

more...

folder 映像業界時代の日記

more...

folder 映画★映画祭

more...