わがまま気のまま海外観察JOURNAL(ハノイ編)

ベトナム・ハノイ在住Halca@Earthのブログ

見た目以上に気持ちの変化が激しい@ハノイde歯列矯正

calendar

インビザラインを始めてから、2週間正直見た目には変化があまりよくわからないんですが、先生に言われて毎日やっているデンタルフロスを使うと明らかに歯の隙間の距離が狭まっているのを感じます。

更に私は、前歯の上下が今まで全く噛みあわなかったのですが(つまり前歯で何も噛みきれない状態)、最近微妙に噛みあうようになり、前歯で食べ物をかみ切れた時の感動は一生忘れないと思います

それに加えて気持ちの変化が凄い大きいです。
ハノイは冬の時期で、太陽がずっと出ず気持ちが落ち込みやすいという事もあったかとは思うのですが、ちょっと前までは「なんだか何やっても面白くない。やる気が出ない。ショボーン」という投げやりな気持ちになっていました。

それが、ここ最近は「夏に向けてファッションを変えてみようかな~」とか「メイクの研究をしてみようかな~おねがい」とか物凄い前向きになってきました。

マウスピース矯正を始めた事を友達数人に伝えると「歯並びが悪い印象ないけどなんで始めたの?」と言われる事もあります。

きっと本人が思っているほど周りは気にしていないんだと言う事はわかっているんですが、それでも昔「男子たち」に言われた心無い一言は私の心にコンプレックスとして残っているし、

永久歯に生え変わる時期に過剰歯が生えた事が原因での歯並びなので、「過剰歯が生えなければ・・・ショボーン」「生えても適切な処理を出来ていれば・・・ショボーン」という心残りはずーーーーーっとあったんです。

それを取り除けるんだ!!と思うと嬉しさで心がいっぱいです

始めるまでは、「今更大金かけて始めてどうするんだろう?それより他にこのお金をかけてするべき事があるんじゃないか?」と悩みました。

けど、結果は始めて良かったです!まだ始めたばかりですが、こんなに心境に変化が起こるとは思わなかったってくらい始めて良かったです

投稿者プロフィール

Halca@Earth
宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。
通信制の大学で映像を学び、東京で4年間映像業界で働いていました。
2011年6月13日。
29歳にして夢だったオーストラリアにワーキングホリデーで行きました。
2013年6月13日。
ワーホリを終え、海外生活の楽しさを覚えた私は、今度はベトナム・ハノイで就職先を決め、現在も住んでいます。
2016年4月19日。
ベトナム・ハノイの情報サイト
ベトナム・ハノイ時々アジア情報マガジン|VIETHICH(ベティック) を開設しました。

この記事をシェアする

関連記事

folder JAPAN

more...

folder お知らせ☆

more...

folder オーストラリアの日記

more...

folder サイト構築記事

more...

folder ハノイDEハロプロ

more...

folder ブログ

more...

folder ベトナムの日記

more...

folder 学生時代の日記

more...

folder 映像業界時代の日記

more...

folder 映画★映画祭

more...