わがまま気のまま海外観察JOURNAL(ハノイ編)

ベトナム・ハノイ在住Halca@Earthのブログ

日本からお金を貸してほしいと連絡が来る。

calendar

reload

今日、Facebookは繋がっているけど、5年間近く音沙汰が無かった友人から突然メッセージがきました。

その内容が何の脈略もないと言うか、のらりくらりした内容で、

私に久しぶりに連絡してくる人は大体、「結婚します」とか「ハノイに遊びに行きたい」とかなので、何度かやり取りした後

「趣旨がわからないんだけど、何の用?」と聞いてみたところ

「月末に必ず返すからお金を貸してほしい」との事

5年ぶりに連絡してきてそれかい!😓

と呆れつつも基本的なスタンスがお人好しなので、理由と金額を聞くと

親に貸したお金が返ってこないから3万円貸してほしい。月末に5万円返す!

との事でした😰

月末に給料日があるから返せるとの事なのですが、3万円くらいならキャッシング出来る金額だし、

周りの友達に頼めば1人からは無理でも数人から借りれば借りれそうな金額なのに、それをわざわざ海外にいる私に言うあたりが凄い怪しくて、「無理です。」とお断りしました。

私は、来週日本に一時帰国する事になっていていて、始めのどうでも良い会話の時にそれも伝えちゃってたので、

「日本に一時帰国した時貸してほしい!助けて!」と言われたのですが、信頼度ゼロなのでお断りしたところ、急に「紹介したい男性がいる!彼氏にどう?」と言われ、

なんでお金の無心をしてきた後に男性の紹介なんだろうとガッカリ😓

もちろん、お断りしたところ…

「ワンナイトでも良いよ!一回どうよ!」とと返ってきて、なんで日本帰って見ず知らずの男性とワンナイトしなきゃいけないのかとますますガッカリ😓

もう会話してても成り立たなさそうだったので、既読スルーして強制的にやり取りを終了しました。

今回連絡が来たのはオーストリア・ワーホリ時代の女友達だったのですが、オーストリアで会ってた頃はもっと正義感の強いサバサバした女の子だと思っていたので、お金云々とか、謎のワンナイトとかより、「あの子が!?」って感じでショックでした。

本当に親がどうしようもない人でお金をせびられ、辛いのかもしれない。

日本に帰ってから十分な仕事に就けなかったのかもしれない。

とか色々考えると落ち込むし、明日は我が身…?とも思ったのですが、そんなことは無い!

そうならない為に自分のやりたい事を選択してベトナムに来たし、お金に関する知識を持つべく頑張っているし、それを怠った女友達は仕方ない。と思う事にしました。

それにしても…なんとも気持ち悪い交友関係の終わり方でした😅

投稿者プロフィール

Halca@Earth
宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。
通信制の大学で映像を学び、東京で4年間映像業界で働いていました。
2011年6月13日。
29歳にして夢だったオーストラリアにワーキングホリデーで行きました。
2013年6月13日。
ワーホリを終え、海外生活の楽しさを覚えた私は、今度はベトナム・ハノイで就職先を決め、現在も住んでいます。
2016年4月19日。
ベトナム・ハノイの情報サイト
ベトナム・ハノイ時々アジア情報マガジン|VIETHICH(ベティック) を開設しました。

この記事をシェアする

関連記事

folder JAPAN

more...

folder お知らせ☆

more...

folder オーストラリアの日記

more...

folder サイト構築記事

more...

folder ハノイDEハロプロ

more...

folder ブログ

more...

folder ベトナムの日記

more...

folder 学生時代の日記

more...

folder 映像業界時代の日記

more...

folder 映画★映画祭

more...