わがまま気のまま海外観察JOURNAL(ハノイ編)

ベトナム・ハノイ在住Halca@Earthのブログ

パンをあげたら彼氏気取りになってしまった!

calendar

reload

今回は、1年程前のお話しです。

ある日、日本からのお客様を案内するのに
多めに朝ご飯のパンを用意していたんです。
(一体どんだけ、日本からの客案内してるんだってところはスルーして下さい笑)
理由は、ハノイ市内ではなくちょっと外れた場所に行くことになっていて、
お店が開いてないかもしれなかったからです。
けど、結局普通にブンチャー食べれたので、
用意したパンは食べずに家に持ち帰る事になりました。
案内した友人にも分けたのにそれでも結構な量があって、
1人では食べきれないのと
それほど日持ちしない具材が入っていたので、
警備員さんにパンをあげたんです。
そしたら。。。
次の日から、物凄い彼氏気取りになってしまいましたガーン
今まで、不愛想な態度だったのが、
ニコニコ近づいて来て隙あらば私に触ろうとしてくる。
「しまったー!!!ベトナム男性ってこんな事で気になっちゃうの!?」
と驚きでした滝汗
日本人男性に見習ってほしい(?)くらいの超肉食系!
猪突猛進です!!!
その警備員さんは、リーダー的な存在だった為、
部屋もバレていて、結構怖かったですえーん
しかし、何故だかツキに恵まれている性格なのか?
そもそも、直ぐ入居者に手を出そうとする輩だったからか、
パンをあげた数日後に警備会社が変更になり
その警備員さんは、いなくなりましたキョロキョロ
。。。セーフ!!!
なんか、ベトナム人男性との距離感って難しいですねあせる
こちらはただの社交辞令として親切にしているだけなのに
相手が勘違いしてしまう。。。
気を付けないといけないですね。
私は、無いですが20代前半の友人2人が、
乗って家まで帰ったタクシー運転手が部屋までついてこようとして、
怖い思いをしたという話を聞いた事がありますえーん
怖いですねー。

投稿者プロフィール

Halca@Earth
宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。
通信制の大学で映像を学び、東京で4年間映像業界で働いていました。
2011年6月13日。
29歳にして夢だったオーストラリアにワーキングホリデーで行きました。
2013年6月13日。
ワーホリを終え、海外生活の楽しさを覚えた私は、今度はベトナム・ハノイで就職先を決め、現在も住んでいます。
2016年4月19日。
ベトナム・ハノイの情報サイト
ベトナム・ハノイ時々アジア情報マガジン|VIETHICH(ベティック) を開設しました。

この記事をシェアする

関連記事

folder JAPAN

more...

folder お知らせ☆

more...

folder オーストラリアの日記

more...

folder サイト構築記事

more...

folder ハノイDEハロプロ

more...

folder ブログ

more...

folder ベトナムの日記

more...

folder 学生時代の日記

more...

folder 映像業界時代の日記

more...

folder 映画★映画祭

more...