わがまま気のまま海外観察JOURNAL(ハノイ編)

ベトナム・ハノイ在住Halca@Earthのブログ

何者かと聞かれたらやっぱり『地球人』だと思った。

calendar

昨日から、ハノイは突然寒くなりました!! どうやら、日本も急に寒くなったみたいですね!
更にどうやらどうやら私の愛読している「もん」さんのブログによるとドイツも急に寒くなったらしいです。

この事をきっかけに「あーやっぱり同じ地球上にある国なんだな」と思いました

それと同時に1つの丸い星でいま、争いとかしているんだよな~とも思いました・・・。

フランスに住んだことがある友達に「なんで争っていると思う?」と聞いたところ、「移民一世は移民出来ことに感謝していて多少迫害されても感謝の気持ちを持てるけど、二世三世になると迫害されるは、自分のアイデンティティーやナショナリティーに疑問を持つはで、そういうのがつもりつもっての事もあるのかも」と教えてくれました。

うーん。

ベトナムに住んでいて思う事は、やっぱり文化が違うし、考え方も違う。「昔の日本もマナーはなってなかった」とは言いますが、「今」は改善されてきています。

(先日、リクエストをもらって書いた下記記事も我ながら恐ろしく低い段階からのアプローチを書いたなと思ったんですが、けどここから改善しないと変わらないと思ったんですよね。
【ベトナム男性必見!?】How to get Japanese girl friends?①

そんな状態で、もしベトナム人が大量に移民として日本に入ってきたら、やっぱり文化やマナーの違いで不快に感じる日本人は多いと思うんですよね。

そうならないためにも移民受け入れるならお互いの文化をしっかり学び誤解のない状態で受け入れるのが大事なのかも。。。

下記私の勝手なイメージですが、

移民一世文化がわからず、移民先の国に溶け込めず文化の違いから嫌われる。(正確には勘違いされる)結局同じ移民同士で固まる。

移民二世産まれたころには既に、移民先の民族とこじれている。移民同士で固まっていた為、一向に移民先の文化を取り入れられないでいる。よく分からないのに嫌われていると感じる。

なんか、在日とか言われて迫害されてしまうのも、根本はこういうすれ違いからドンドンとこじれての事なのかなとふと思ってしまいました。

(海外に住んでいると在日何世とか日本で生まれて日本で暮らしている人を相変わらず嫌悪している人が不思議で仕方なかったのですが、そういうこじれもあるのかなーと。)

けど、こじれているだけで、根本的には同じ『地球人』なわけですし、また昔と違って今はネットを使えば世界中のいろいろな文化がわかるのですし、良い方向に進んでいってくれたら良いなーと思います。

その立場になっていないから、何言っているんだ!?と思われるかもしれませんが、もし今後私が日本人以外の人と結婚して、ハーフの子を産んで、その子がアイデンティティーやナショナリティーで悩んだら、迷わず「そんなの地球人に決まってるじゃん!」と答えたいなと今のところ思っています。

そんな『地球人』としての気持ちも込めて私のハンドル名には@Earthとついています。@Vietnamや@Japanではないのです

twitterやってます

投稿者プロフィール

Halca@Earth
宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 通信制の大学で映像を学び、東京で4年間映像業界で働いていました。 2011年6月13日。 29歳にして夢だったオーストラリアにワーキングホリデーで行きました。 2013年6月13日。 ワーホリを終え、海外生活の楽しさを覚えた私は、今度はベトナム・ハノイで就職先を決め、現在も住んでいます。 2016年4月19日。 ベトナム・ハノイの情報サイト ベトナム・ハノイ時々アジア情報マガジン|VIETHICH(ベティック) を開設しました。

この記事をシェアする

関連記事

folder JAPAN

more...

folder お知らせ☆

more...

folder オーストラリアの日記

more...

folder サイト構築記事

more...

folder ハノイDEハロプロ

more...

folder ブログ

more...

folder ベトナムの日記

more...

folder 学生時代の日記

more...

folder 映像業界時代の日記

more...

folder 映画★映画祭

more...