わがまま気のまま海外観察JOURNAL(ハノイ編)

ベトナム・ハノイ在住Halca@Earthのブログ

プチラウンド 12日目(引き続きメルボルン)

calendar

reload

メルボルン5日目!!!

一昨日は、病院に行ってきました☆
…と言っても何処か悪いわけではなく、ニキビが痛いので塗り薬を処方してもらいたくて行きました
(‘∀`)

わざわざ、メルボルンに来てから病院に行った理由は、シドニーとメルボルンなら日本語が通じる病院があるからです☆彡

『日本語医療センター』という病院に行ってきたのですが、普通の病院の一角に『日本語医療センター』と書かれた受付があり、そこに日本人スタッフ(女性2名)が常駐しているという状況でした!

シドニーでは、ドクター・ナース・スタッフ全員日本人という病院もあるのですが、メルボルンでは、どうやらスタッフに日本人が居るだけの様です。(他の病院に行ったことがある友人が同じ様な状況だったと言ってました)

日本と同様に窓口で名前を言い、今日の症状を用紙に記入し、海外保険の用紙にも記入して待つこと10分程度で、名前を呼ばれました!

こちらは、基本的に名前を呼ばれるので、久しぶりに苗字を呼ばれた気がします。

ドクターと通訳してくれる受付の方と3人で診断。
ドクターから「ニキビがひどすぎて、塗り薬を塗ってもなんの意味もないから、抗生物質を処方します。」と言われてしまいました。。。
((((;゚Д゚))))

なんの意味もないのか…。

日本からチョコラBBとか送ってもらおうかな。。。

今日行った病院にはナースさんの姿は無く、通訳してくれているスタッフさんが、薬の表をドクターに見せて「では、この薬で良いですね?」と確認し、「今、薬取ってくるんで待ってて下さいね」と言われ、

スタッフさんが、薬持ってきてくれて、その場でドクターから副作用の説明を受ける。というものでした。
海外保険に入っているので、特にキャッシュレスで済み、薬もその場で貰えました!

それにしても、薬の副作用が、「顔以外に湿疹が出来るかも、お腹を下すかも、日光に当たるのは良くないので、必ず日焼け止めを塗り、極力日光に当たらないで下さい。日光に薬が反応して痒くなります。」と言われました。。。

ニキビに対して、薬のリスクが大きすぎるような気が…。とりあえず、1日2錠と言われているのですが、1日1錠にして、薬の副作用が出ないか見ようかと思います。。。

あ~もう30歳だし、そろそろニキビとおさらばしたいよ~!!!!

あっ、よく「二十歳過ぎたら吹き出物」と言いますが、ニキビと吹き出物は別物で、私が出てるのは「三十路になってもニキビはニキビ」らしいです。。。

投稿者プロフィール

Halca@Earth
宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。
通信制の大学で映像を学び、東京で4年間映像業界で働いていました。
2011年6月13日。
29歳にして夢だったオーストラリアにワーキングホリデーで行きました。
2013年6月13日。
ワーホリを終え、海外生活の楽しさを覚えた私は、今度はベトナム・ハノイで就職先を決め、現在も住んでいます。
2016年4月19日。
ベトナム・ハノイの情報サイト
ベトナム・ハノイ時々アジア情報マガジン|VIETHICH(ベティック) を開設しました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

folder JAPAN

more...

folder お知らせ☆

more...

folder オーストラリアの日記

more...

folder サイト構築記事

more...

folder ハノイDEハロプロ

more...

folder ブログ

more...

folder ベトナムの日記

more...

folder 学生時代の日記

more...

folder 映像業界時代の日記

more...

folder 映画★映画祭

more...