わがまま気のまま海外観察JOURNAL(ハノイ編)

ベトナム・ハノイ在住Halca@Earthのブログ

プチラウンド 19日目(Robe→Adelaide)

calendar

reload

この日は、煙もくもく事件があった「Mount Gambier」と「Murray Bridge」の調度中間くらいの位置にある「Robe」という街から出発しました!

当初の予定では、Mount GambierからMurray Bridgeまで1日で行く予定になっていたので、だいぶ楽な道のり♪エージェント(ボブ)からは、相変わらず滞在先の詳細は届いていませんでしたが、まぁいつもの事なのでMurray Bridgeに着いてからでも良いや~と気軽な気持ちで出発しました。

そして、Robeの次の街(Kingston S.E.)に着いた頃、ボブから携帯にメッセージが届きました。

「Murray Bridgeのアコモデーション何処もいっぱいだけど、今一生懸命探してるから」((((;゚Д゚))))「今!?」

何日も前から到着する旨とアコモデーション聞いてたのに…雲行きが怪しくなってくる。。。

けど、とりあえず隣町にいても仕方ないのでMurray Bridgeまでは向かう事に!!!

そして、遂にMurray Bridgeまで残り50分という距離に差し掛かった頃、携帯が2、3度鳴る。

「こんなに頻繁に携帯が鳴るという事は絶対ボブからだ…。」とりあえず、車が停められるところまで走って携帯を見る

「Murray Bridgeのアコモは高いところしか無いからKingston on Murrayに行って」

キングストン オン マレー!!!?

・・・なんだそれ!?

既に通り越してきたKingston S.E.の事!?on Murrayって何!?

Murray BridgeとKingstonの間の事!!?

パニック!!!!((((;゚Д゚))))とりあえず、ボブに電話する。

「Kingston on Murrayの近くにある大きめの街の名前を言われ、それを探せば場所がわかる」と言われたのですが、私が持ってる地図、オーストラリア全土が載ってる超簡易地図とメルボルンからアデレードまでの詳細地図。。。

なんせカーナビがあるから地図見ない。。。

「私が持ってる地図には載ってないよ!多分、私が持ってる地図の範囲外なんだよ!!」って伝えたいのに、ボブからは「Murray Bridgeのアコモ取れなかったんだよ」と説明される『もう~それは、わかってるんだってば~!!!Kingston on Murrayが何処なのか知りたいんだよ!!!!!』と上手く英語が通じないことにイーっ!!!となる。。。

とりあえず、Kingston on Murrayのスタッフと話すようにと連絡先を教えて貰えたので、そちらに電話して住所を聞いてカーナビに打ち込むことにしました。。。

そして、スタッフに電話。そこでやっと「Kingston on Murray」とはそれでひとくくりの『地名』である事が判明!!

カーナビにKingston on Murrayと打ち込むと、ちゃんと場所が表示されました。

・・・・がしかし、

全然近くない!!!むしろMurray Bridgeにも近くない!!!

下手したらRobeに行かずにMount Gambierから真っ直ぐ北上した方が近かった!!!!

予測時間をみると2時間半。。。。

既に時刻は3時過ぎ、この予測時刻はあくまで制限速度100kmの道をずっと100kmで走ったらの時間なのでプラス1時間は必要、それに加えて2時間超える場合は私の為にもエンジンの為にも休憩が必要。

この季節5時半には日が暮れ始める、日が暮れたら制限速度より落として走らないと怖い・・・となるともうプラス1時間。。。

私予想到着時刻7時半…。それも内陸部…カンガルー発生率アップが予想される。。。

絶対無理!!!むしろ絶対行きたくない!!!!!

再度、ボブに電話して「遠過ぎて今日は無理!!!」と伝える。。。

一応、今居る場所の近くにアコモが無いか探してみてと言われたのですが、正直この中途半端な場所に滞在する気もなく、かと言って今日行く先も泊まる場所も無い。。。

突然の事態に涙が出る。ふとアデレードに前回行った際、ステイさせてもらったホームステイ先のホストマザーの言葉を思い出す。

「いつでもウェルカムだからね!早くアデレードに会いに来てね!!」ダメ元でホストマザーに電話する。

今いる場所からはまだ2時間はかかるけど、何もない内陸部走るよりシティに向けて走った方が絶対安全!!!

それも、2時間というのはシティに入ってから一気に速度が下がるからで距離的には全然近い!!!

電話をかけると直ぐにホストマザーが出てくれて「久しぶり!!!Haruka今何処に居るの??」と明るい声。

Murray Bridgeまであと50分程の距離に居て、あと2、3時間後にアデレードに着けるんだけど、ステイさせてもらえないか。と伝える。なんて無茶なお願い、と自分でも思う。。。

けど、ホストマザーは「勿論!!!いつでもウェルカムって言ってるでしょ!!!直ぐ来なさい!!!」と即答してくれました!!!(´;ω;`)ほんとに嬉しかった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

人との繋がりの大切さ、暖かさを身にしみて感じました。

そして、なんとか日暮れ前にアデレード到着!!ホストファミリー達から「NSWからよく独りで来たね~!凄いね~!!」とまるで、親戚の家に来たかの様に大歓迎され、

「お腹すいてるでしょ?ご飯出来てるから食べなさい!」というホストマザーの言葉。

ほんと有難かった!!嬉しかった!!

久しぶりに食べるホストマザーのご飯はやっぱり、とっても美味しくて「胃袋を掴める」味でした(笑)

投稿者プロフィール

Halca@Earth
宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。
通信制の大学で映像を学び、東京で4年間映像業界で働いていました。
2011年6月13日。
29歳にして夢だったオーストラリアにワーキングホリデーで行きました。
2013年6月13日。
ワーホリを終え、海外生活の楽しさを覚えた私は、今度はベトナム・ハノイで就職先を決め、現在も住んでいます。
2016年4月19日。
ベトナム・ハノイの情報サイト
ベトナム・ハノイ時々アジア情報マガジン|VIETHICH(ベティック) を開設しました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

folder JAPAN

more...

folder お知らせ☆

more...

folder オーストラリアの日記

more...

folder サイト構築記事

more...

folder ハノイDEハロプロ

more...

folder ブログ

more...

folder ベトナムの日記

more...

folder 学生時代の日記

more...

folder 映像業界時代の日記

more...

folder 映画★映画祭

more...