わがまま気のまま海外観察JOURNAL(ハノイ編)

ベトナム・ハノイ在住Halca@Earthのブログ

機体トラブルにより飛行機が翌日に遅延!慌てないための流れ。

calendar

こんにちは!Halcaです。実は先日、半年ぶりに日本へと一時帰国していました。久しぶりの日本を大満喫してきたのですが、なんと帰りの飛行機が翌日への遅延となってしまいました!

既に機内に乗り込んでからの突然の遅延決定だったため、空港内かなり混乱していたので、同じような事が起きた際に少しでも安心してもらえるよう、今回どんな感じだったかを前編・後編に分けてじっくりご紹介します。

    突然の点検作業

飛行機への搭乗手続きを済ませ、定時より早く機内に乗り込むも一向に出発する様子が無く、しばらく経ってから「機体トラブルにより点検作業をしている」というアナウンスが入りました。

その際は、点検が終了したら出発するとの事だったので、寝て待つ事にしました。

    暑さで目覚める

しばらく経ってあまりの暑さで目が覚めました。しかし、気付くとまだ出発していませんでした。点検の関係なのか、機内の空調は止められ、外は肌寒いくらいの気温だったはずが、乗客の体温により機内の温度がかなり上がってきていました。それでも大きな混乱や文句が出る事も無く乗客はみんな大人しく出発を待っていました。途中客室乗務員さんからコップに入った水も配られました。

    4時間程機内で待機し、その間現在の状況を知らせてくれる様なアナウンスも無くひたすら待ち続けました。
そして、4時間後に突然翌日夕方への延期が決定しました。まさかの展開に機内が騒然となり、私は都内に帰る家が無いため、宿泊先をどうしたら良いのだろうと不安になりました。
しかしアナウンスでは、夕食券を配る旨と預け荷物を受取るようにと言われただけでした。

    「夕食だけ!?宿泊先は!?」かなり不安になりながら、とりあえず順番に飛行機からおりました。私はビジネスクラスの後に続いてかなり前の席だった為、かなり早くに飛行機から降りることが出来ました。

    免税品の回収
飛行機から降りたあとに免税品を持っていた人は空港外に持ち出すことが出来ないために一時回収されていました。更に外国人の場合は出国カードを再度受け取っていました。
私は免税品を買っていなかったので、夕食券を係員から受け取り、宿泊先について聞きました。
食事券
※すみません、持ち歩いているうちに折れてしまいました。
  自宅への帰宅を促される

係員に宿泊先について聞くと「日本人の方ですよね?皆さん一度ご自宅に戻られますよ。」と自宅に帰るように促されました。しかし、自宅がハノイにある私(実家は仙台)が羽田空港から簡単に帰宅出来る家なんて無く「ハノイに住んでいるので、東京に家はありません。」と伝えたところ、観念したように「わかりました。宿泊先をご用意します。再入国が済みましたら●カウンターへと言ってください」と行き先を指定されました。

    中編へと続く>>>

投稿者プロフィール

Halca@Earth
宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。
通信制の大学で映像を学び、東京で4年間映像業界で働いていました。
2011年6月13日。
29歳にして夢だったオーストラリアにワーキングホリデーで行きました。
2013年6月13日。
ワーホリを終え、海外生活の楽しさを覚えた私は、今度はベトナム・ハノイで就職先を決め、現在も住んでいます。
2016年4月19日。
ベトナム・ハノイの情報サイト
ベトナム・ハノイ時々アジア情報マガジン|VIETHICH(ベティック) を開設しました。

この記事をシェアする

関連記事

folder JAPAN'14~

more...

folder お知らせ☆

more...

folder オーストラリアの日記

more...

folder サイト構築記事

more...

folder ハノイDEハロプロ

more...

folder ブログ

more...

folder ベトナムの日記

more...

folder 学生時代の日記

more...

folder 映像業界時代の日記

more...

folder 映画★映画祭

more...

folder 未分類

more...