わがまま気のまま海外観察JOURNAL(ハノイ編)

ベトナム・ハノイ在住Halca@Earthのブログ

さながら解体SHOW☆☆

calendar

私は現在、肉工場のパッキングをする冷蔵庫の中の様な寒い部屋で働いています。

そこは、店頭に並んでいる様なお肉の形しか存在しない部屋なんですが、肉工場は、牛を殺すところから始まってまして

牛を殺し→首を落とし→皮をはぎ→骨を削ぎ落とし→私が働く部屋にお肉の形でやってくる。

…という感じでして、私は一切牛の原型を見ていませんでした。

それが、今日!

遂に!!!

私が働く部屋が暇だったので、骨を削ぎ落とす部屋にお手伝いに行きました!

いつも働く部屋の隣の部屋なのに雰囲気が全然違う!!!

私の働く部屋は機械が大部分を占めていて、機械のジョイント部分に人がいるという感じなんですが、

骨を削ぎ落とす部屋は人がめっちゃいて、人の間にレールがあるくらい!!

皮を剥がされ、首は無いけど、ほぼ原型をとどめている牛がレールに吊るされて流れてきて、

それをナイフをもった人たちが、スパスパと切り落としていく。

今まで見たことない光景!!!!

よく、原始時代の様子を表すのに巨大な骨付き肉とか出てくるけど、それがまさに目の前に!!!!

人の上半身とほぼ同じくらいの大きさの『骨付き唐揚げ』みたいな肉。

手羽先食べたあとの骨と同じ様な形の骨が人の太ももくらいある。

あばら骨も巨大!!!!!!!

ほんと凄かった!!!!

けど。。。私の限界は多分ここまで

牛の首が流されてるところや、皮を剥がされる前の牛がいる部屋は、絶対無理~~~~
(´;ω;`)

しかし、日本人の女の子で一人そこで働いている子がいます。

彼女はそういうの全く平気らしいです。

凄いです。

けど、私には無理です。

私には店頭に並ぶ形で十分~~~
(*´д`*)

投稿者プロフィール

Halca@Earth
宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。
通信制の大学で映像を学び、東京で4年間映像業界で働いていました。
2011年6月13日。
29歳にして夢だったオーストラリアにワーキングホリデーで行きました。
2013年6月13日。
ワーホリを終え、海外生活の楽しさを覚えた私は、今度はベトナム・ハノイで就職先を決め、現在も住んでいます。
2016年4月19日。
ベトナム・ハノイの情報サイト
ベトナム・ハノイ時々アジア情報マガジン|VIETHICH(ベティック) を開設しました。

この記事をシェアする

関連記事

folder JAPAN'14~

more...

folder お知らせ☆

more...

folder オーストラリアの日記

more...

folder サイト構築記事

more...

folder ハノイDEハロプロ

more...

folder ブログ

more...

folder ベトナムの日記

more...

folder 学生時代の日記

more...

folder 映像業界時代の日記

more...

folder 映画★映画祭

more...

folder 未分類

more...